停電クラブ

誰も知らない なぞ の劇団。

フィクション

 

 

気づいたら社会人を辞めてました。

 

というか新卒で入った会社を四か月で辞めてしまっていた。

 

正確には、入社三か月で辞表を提出して本社オフィスから姿を消し、最後の一か月は会社が経営している喫茶店で気ままに珈琲を淹れていた。その喫茶店の従業員は全員、当時の弊社の契約社員かアルバイトだったので、僕が唯一の正社員だった。事情は話してなかったので、周りからしたら、何故本社の人間が喫茶店で珈琲を淹れてるのか、嘸かし疑問だったと思う。その道のプロから、ハンドドリップを教えてもらって、豆ごとに違う淹れ方をしたり、結局上手くならなかったけどラテアートをやってみたり。もともと珈琲が好きだったので普通に楽しかったし、周りが珈琲マニアだらけでわけわからん豆の話とかしてて結構面白かった。シェフ志望のめちゃめちゃ料理が上手い二十歳の青年と仲良くなったり(辞める時お菓子をいっぱいくれた)、なんかお洒落なおじさん(結局誰だったかわからないが札幌の喫茶店業界で偉い人らしい)に「お前が将来店をもてるように俺が面倒みてやる」とかようわからんこと言われたり、レキシのおっかけをやってる女性と稲穂の話で盛り上がったり(ライブを観に僕の地元にも行ったと言っていた)、なんかわるくない感じだった。

 

あとアルバイトに東京の田町の出身の人がいて、しかもぼくの高校に部活の練習試合でよく通ってたって言ってて、なんかイッツァスモールワールドでんねんなぁて思ったりもした。ちなみにその人は既に子持ちで、さらに妊婦だった。僕の一個上なのにすごいなあと思った。ライブのカメラマンもやってるって言っててかっこいいなあって普通に思った。演劇やってたって言ったら「続けなよ」って言われた。東京で会おうって言ったけどまだ会ってないな。もう二人のお母さんになってるんだろうな。

 

そんな感じで最後の一か月が一番有意義だったな。よくわかんなかったけど。

その前のオフィスでの三か月は地獄だったなあ。なにが地獄なのかは上手く言えないけど、結局合わなかったってことだろうな。日に日に痩せてしまったし。多分客観的にみたら地獄が聞いてあきれるような普通の職場なのかもしれないけど、嫌だったので逃げました。根性なしなので。

 

それで、会社を辞めて、家を引き払った。

家具やら服やら本やら思い出の品などほとんど売ったり捨てたりあげたりしてしまって、引っ越すときは小さい段ボール5つ(本が二箱、服が二箱、雑貨で一箱)に収まった。まあ実際、捨てすぎだよな。

 

いろいろ捨てたけど、その中でも一番思い出深かったのが、布団を捨てる時で、どうせ捨てるんだからと思って、夜の公園に布団敷いて寝てみたり、布団を巻いて坂から転げ落ちたり、布団で友人と殴り合ったり、あれは渾沌としていて楽しかったな。あとあの時なんでかわかんないけどアブサンを飲みまくってて、アブサンの独特な匂いを思い出す。アブサンを飲むたびにこの夜のことを思い出すんだろうなって思ったりもする。でもこの間酒場でアブサンを頼んだ時、全然まったくこれっぽっちも思い出さなかったけど。そんなもんか。

 

結局、八月に入ってすぐ東京の実家に戻った。

久しぶりの東京の夏は思ってたほど暑くなかった。

なんというか、今まで微塵も思ったことなかったんだけど、東京に実家があるのってめちゃめちゃ恵まれてるんだなって、その時はじめて思った。

 

帰って来たその日に友人と井の頭公園に行った。雨の中アヒルボートに男二人で乗ってずっと鴨に食パンをあげていた。千切ったパンを手にのせてると鴨が食べてくれるのが可愛かった。一生やってられるなって思った。友人に「無職になってすぐ井の頭公園に来る感じセンチに酔いすぎてるな」みたいなことを言われた。それで思い出したんだけど(なぜか本当に忘れていた)、ちょっと前に恋人に愛想をつかされ、そこそこ長く続いた付き合いが終わっていた。で、その交際終了宣言の舞台が井の頭公園だった。

 

その夜吉祥寺の酒場で友人と飲んだ。彼は就活を一瞬で諦めた人間で似たような立場だったし、非常に恥ずかしながら自殺という選択肢にポジティブだった。まあ自意識をこねくり回して互いにいろいろと暗い話をして、結構飲んだはずなんだけど、会計を頼むと不自然に安くて、それで(本当にしょうもないと自分でも思うけど)、とりあえず死なずにいようと思った。

なにかしらがちゃんとしたらまたここに飲みに来ようかな。

 

で、その次の日は甲府にいた。甲府で働いてる友人に会いに二時間半バスに揺られた。

 

ちょっと眠くなってきたので今日はここまでで。

誰の目にも触れないとは思うけど、誰も読みたくない文章を書いてしまった。ごめん。

COSMOS終演のおしらせ

こんばんは お久しぶりです。

青柳です。

わたし は 最近 社会人 をはじめてみました。

まさに地獄の入口です。

 

さらに べらぼうに 楽しみにしていた 

夜は短し歩けよ乙女』のアニメーション映画

が つまらん かったので

まさに泣きっ面に蜂です。

どうして主人公が性欲に打ち勝つだけの話に改変されていたのか。

監督の代名詞たる 躍動感と疾走感も ぱっ としませんでした。

 

そんな折 某演劇祭の短編芝居にて 火星人(女児)を演じておりました。

それとは直接の関係はないのですが 最近はじめて 火鍋なるものを食しました。

 

火星人 は 火鍋を食べます。 土星人 は 土鍋を食べます。

そして 停電クラブvol.1『COSMOS』はとっくに終演していました。

脚本が書けそうだったら

vol.2 も そのうちやります。

夜 と 手紙 と 縄跳び にまつわる はなし

に なるかもしれません。ならないかもしれません。

 

ところで 以下がCOSMOSラップのリリックです。

 

(hook)

コスモス コスモス 停電クラブが物申す

コスモス コスモス 停電クラブが物申す

コスモス コスモス 停電クラブが物申す

コスモス コスモス 停電クラブが照らす明日

 

(sato)

わたし佐藤 来てくれてありがとう

甘いマスクは まるで砂糖

甘い言葉で 惑わせる男子

マイヘアなびく 亜麻色の髪

chocolate & candy 甘いもの好き

だからヤバ まじひどい虫歯

come back 永久歯 乳歯

軽視するわたし 食べちゃうお菓子

 

(mori)

ぼく森 まるで引きこもり

ソーリー ほんとは元気もりもり

生ってるこの果実

ぼくはシャイだけど 誠実

酸素を増やすぜ 光合成

「サンキュー森くん」 みなsay

そんで女子に渡すよ この花粉

人知れずくっつけ メチャ興奮

 

(nukumizu)

My name is 向こう見ず Ms.温水

泣き始めたのなら 手に負えず

トイレのレバー引けば 流れる水

そのうち渡る the river 三途

一見すれば 花子さん

そんなん言われたら もうたくさん

手放せないよ トイレットペーパー

八木さんに食べられ そりゃねーわー

 

(yagi)

あたしは八木 食べがちな紙

製紙工場 イヤ マジ 神

こないだ食べたわ ラブレター

ごめんね 君の恋やぶれた

シロヤギさんから お手紙ついた

クロヤギさんたら 読まずに食べた

的なノリで 上げるフロア

かわいいのが売りです マジいい女

 

(kondo)

俺の名前は近藤

体につけてるコンドーム

湧いて出てくる 性的衝動

俺のラップ こんなんでどう?

俺が守るは 正しい性行為

知らんことあれば 聞いてよHey boy

平常時はおとなしい 戦闘時はエナジー

穴 掘って 掘って そんな俺のホリデー

 

(hoshi)

小学生? ぼくは小惑星

ワキがクセェのは 気にしてるぜ

そんなぼくは星 速いんだぜ足

練る抒情詩 ほとばしるイメージ

ステージの上では まさしくスター

遺伝子に刻まれた ぼくの歌

 

(usui)

影が薄い 幸も薄い

酸いも甘いも知る わたし笛吹

スイッチはいってないと 無口 わたし

宇宙に届く音 鳴らすリコーダー

意中の男子は はるか向こうだ

夢中なわたしは like a ストーカー

笛吹く姿 まるでハーメルン

わたしの歌で 恋の罠はめる

 

(boku)

ぼく ぼく ぼく ぼく ぼくはぼく

没個性 無個性 そんな小学生

現世が無理なら 来世に期待

行きたい未来に 行けないみたいな転校生

めんどくせえ 周りの学生

輪廻転生するなら 今

リーマンになって 終わるような人生

回る 目が回る ぐるぐる眼鏡

 

(murasaki)

ついさっき 女 口説いたぜラッキー

浮気しない そう俺 村崎

マッキーで塗った 俺の顔ファンキー

「大好き」って 言われる女子たちに

クラスのトップが 着るタンクトップ

バックドロップ キめるボブサップ

顔面パープルに 集まるピープル

クラスじゃNo.1 佐藤のオンリーワン

 

(kami)

俺は神てきなひと だから

ステキな蟹的なナリ なのさ

すなわち俺が マスコットクラブ

 レぺゼン 停電クラブ

まさに神出鬼没な俺に示すは

感謝と敬意とお礼

奴隷のマイメン ザーメンのなれのはて

俺にアーメンするも なしのつぶて

 

旗が揚がります。

どうも はじめまして。

主宰の 青柳 です。

ついに停電クラブという なぞ の劇団がうごうごと暗躍し始めました。

劇団ということなので 演劇をしそうですが どうなんでしょう。

わたしは 某地方旧帝国大学の某学生劇団にて

『恋する右脳の冒険』(右脳と宇野とUNOにまつわる恋と冒険のはなし)

『ピュアでセンチなへん態はスポーーツみたいな瞬かん速度』(土鍋が時空を超えるボーイ・ミーツ・ガールのはなし)

という ふたつ のヘンテコなお芝居を上演しました。

おそらく そんなヘンテコなものを 性懲りもなく作り続けます。

どうぞ温かく見守られたいです。

 

■ 停電クラブ vol.1 ■

『COSMOS』

脚本・演出・音楽|青柳畳

2017/3/18㈯ 13:00 16:00 19:00

於 みんたる(札幌市北区北14条西3丁目2-19)

予約|1000円(1drink付き)

teiden.club@gmail.com まで

当日券+200円

 

なんと現時点で決まっていることはこれだけです。

それでは また。